社会人が看護学校へ【看護で大学院に行くメリット、デメリット】

大阪の看護学校は全国的に見ても多数あります。もちろん看護学校の偏差値もピンキリです。これは東京の看護学校でも同じことがいえます。都市部は学校数が多いこともメリットですが、偏差値の高い低い学校が色々あるのもメリットですね。専門学校とは逆で看護の大学院があちこちで出来ています。行ったもののこんなはずじゃなかった、という人の話も結構聞くのでメリットとデメリットを説明します。
もともと勉強熱心で、いずれは研究職につきたい、あるいは看護学校や大学の教員になりたいという人には大学院に進むことはメリットが大きい選択でしょう。今あちこちの大学で看護学科できているので、慢性的な教員不足です。ある臨床分野で5年以上経験があり、修士や博士を持っていて研究の経験がある人はひっぱりだこです。学会の認定看護師等の資格もある人は特に教員として人気です。流行りの在宅医療や高齢者の看護、緩和ケアなどで修士をとった人は比較的教員として順調に就職が決まっていきます。
問題は、現場で疲れて少し休みたい、と現実逃避的に大学院に来てしまった人です。元気になって現場に戻ると看護大学や大学院を出た人達は将来の看護師長候補とか、看護職の管理職候補として扱われることが多いです。現場に戻ったら更に忙しくなった、責任が重くなってこんなはずじゃなかった、という愚痴をよく聞きます。大学院はゴールでなく通過点なので、大学院を利用して自分が何をしたいか、看護という専門性を活かして何がしたいか、明確にした上で進学を決めた方がよいでしょう。面倒なのは、医者との関係で、大学院をでた看護職というのは理屈っぽいと嫌煙されることがあります。大学院を修了した後に臨床現場に戻るのであれば、大学や大学院出の看護職がよくいる大学病院や、大きい医療法人に転職した方がキャリアをいかせるでしょう。
そして、どこへいっても看護職は女の職場です。看護の研究職の中も足の引っ張り合いでドロドロしています。狭い世界なので、人間関係も一度こじれると複雑です。女同士の複雑な人間関係が苦手な人はやめておいた方がいいかもしれません。研究者として優秀でも線が細くて、人間関係でつぶれて大成せず、かといって今更臨床現場には戻れず、つぶしがきかない、という人も結構います。40代に入ると夜勤もしんどくなるので、大学院にいくならつぶしのきく20代、30代が無難でしょう。